大手と個人経営どちらのパーソナルジムがいい?

広告

「パーソナルトレーニングってどうやって選べばいいのかな?」
「値段も高いし失敗できないから教えてほしい。」
「そもそもパーソナルトレーニングを受けた方がいいのかな?」

こんな悩みに答えます。

結論から言うと、本気で痩せたい人ダイエットの方法がわからない人、筋肉をつけたい人

このような、【身体を変えたい人】は絶対にパーソナルトレーニングを受けた方がいいです

しかし中には食事をほとんど取らせないようなパーソナルトレーナーもいるので、どのようにジムを選ぶべきかをお伝えします。

今回はそんなパーソナルトレーニングジム選びでも、大手のパーソナルトレーニングジムがいいのか、個人経営のパーソナルトレーニングジムがいいのか、また、ジムによってどのような違いがあるのかを解説します。

大手パーソナルトレーニングジムのメリット

1.信頼感がある
2.返金制度がある(多い)
3.全国に店舗がある
4.繁華街にある

店舗をいくつも展開しているようなパーソナルトレーニングジムはやはりそれだけの実績があるということで安心感があります。
パーソナルトレーニングにくるお客さんは痩せたい人なので、痩せなければそのジムの価値はありません。

店舗が展開できているということはそれだけ価値を提供できている証拠だということです。

また、教育やマニュアルがきちんと整備されていることが多いため、トレーナーのレベルもある程度の水準が確保されています。

資金力にも余裕がある場合が多いので、返金にも対応してくれることが多いです。何か長期の出張や引っ越しがあっても返金してくれるので、安心です。そういった場合でも全国各地に店舗があることから引っ越し先でも追加費用が掛からず対応してくれる場合もあるので、余計な費用が掛からずにトレーニングが出来ます。

繁華街の駅から近い場所に店舗があることが多いので、どこに住んでいる人でも比較的通いやすい立地にあると言えます。

大手パーソナルトレーニングジムのデメリット

1.パーソナルトレーナーを選べない
2.トレーナーのレベルが低い可能性がある
3.短期間で終了

1.パーソナルトレーナーを選べない 大手のパーソナルジムでは、多くの顧客を抱えているため、特定のトレーナーを指名することが難しい場合があります。これは、顧客が好みのトレーナーとの相性を見つけるのが難しくなるというデメリットにつながります。相性の良いトレーナーとのセッションは、効果的なトレーニングやモチベーションの維持に繋がるため、この点は大きなデメリットと言えるでしょう。

2.トレーナーのレベルが低い可能性がある 大手パーソナルジムは、多くのトレーナーを雇用しているため、その中には経験やスキルが十分でないトレーナーも含まれる可能性があります。特に新規オープンのジムや、急激に拡大しているジムでは、トレーナーの教育や研修が十分でない場合が考えられます。その結果、トレーニングの質が低下するリスクがあります。

3.短期間で終了 一部の大手パーソナルジムでは、短期間のプログラムが主流となっている場合があります。これは、短期間での効果を追求する顧客には良いかもしれませんが、長期的な健康や体力の向上を目指す顧客にとっては不十分な場合があります。また、短期間のプログラムが終了した後のフォローアップが不十分であると、再び運動習慣が途絶えるリスクも考えられます。

以上の点を考慮すると、大手パーソナルジムを選ぶ際は、自分の目的やニーズに合ったジムを選ぶことが重要です。

個人経営のパーソナルトレーニングジムのメリット

1.スケジュールの融通が利く
2.パーソナルトレーナーのレベルが高い
3.トレーナーが変わらない

1.スケジュールの融通が利く 個人経営のパーソナルジムは、大手のジムと比べて顧客数が少ないため、スケジュールの調整がしやすいという特長があります。顧客の都合に合わせてトレーニングの日時を変更することが可能で、急な予定変更やキャンセルにも柔軟に対応してくれることが多いです。これにより、忙しい日常の中でもトレーニングを継続しやすくなります。

2.パーソナルトレーナーのレベルが高い 個人経営のジムは、その経営者自体がトレーナーとしての経験やスキルを持っていることが多いです。そのため、トレーナーの質が非常に高いと言えます。また、個人経営のジムでは、トレーナー自身の名前や評価が直接ビジネスに影響するため、常に高いレベルのサービスを提供しようとする姿勢が見られます。

3.トレーナーが変わらない 大手のジムではトレーナーが頻繁に変わることがあるのに対し、個人経営のジムでは基本的に同じトレーナーが担当してくれます。これにより、トレーナーとの信頼関係を深めやすく、トレーニングの進行や目標設定などがスムーズに行えます。また、トレーナーが顧客の体調や過去のトレーニング履歴を把握しているため、より効果的なトレーニングが期待できます。

以上の点から、個人経営のパーソナルジムは、よりパーソナルなサービスを求める方に適していると言えるでしょう。

大手のパーソナルトレーニングジムと、個人経営のパーソナルトレーニングジムについてより料金面と期間について比較していきたいと思います。

「RIZAP」「BEYOND GYM」「24/7Work Out」「チキンジム」「かたぎり塾」「GYMS」「FUTURE」これらを下の図にまとめましたのでご覧ください。パーソナルジムFUTUREは谷町六丁目にある個人経営のパーソナルトレーニングジムです。

その他は多店舗展開しているパーソナルトレーニングジムです。

やはりどうしても大手のパーソナルトレーナージムは短期間での成果にこだわったジムが多く、値段も高い傾向にあります。

広告費などに多額な費用をかけ、常に新規のお客様を取り入れるためには早く痩せて卒業させる必要があるのでしょう。比べてパーソナルジムFUTUREでは、反対に短期的な成果よりも長期的にリバウンドせず、体型維持が出来ることにこだわっているパーソナルジムです。

より1人1人と長く向き合えるよう、広告費用もかけずに無駄な出費を抑えています。

大阪上本町・谷町六丁目駅からも近く、トレーニング体験も受付けているので、興味のある方は是非一度お問い合わせください。

パーソナルジムFUTURE美しく
短期的な効果ではなく、長期的な体型維持にこだわったパーソナルジム-地下鉄谷町六丁目駅徒歩3分、近鉄大阪上本町駅徒歩15分、地下鉄玉造駅徒歩10分

個人経営のパーソナルジムのデメリット

1.設備や施設が限られる
2.営業時間やサービスが限定的
3.トレーナーの体調や都合に左右される


1.設備や施設が限られる 個人経営のジムは、資金やスペースの制約から、大手のジムに比べてトレーニング機器や施設が限られることが多いです。最新のトレーニング機器や広々としたスペースを提供している大手ジムと比べると、選択肢やトレーニングのバリエーションが少なくなる可能性があります。

2.営業時間やサービスが限定的 個人経営のジムは、トレーナーが限られているため、営業時間や提供するサービスが限定的になることがあります。例えば、深夜や早朝のトレーニングを希望する顧客には不便を感じることがあるかもしれません。また、大手ジムのようにマッサージやサウナなどの付加的なサービスを提供していない場合も考えられます。

3.トレーナーの体調や都合に左右される 個人経営のジムでは、主に1人または少数のトレーナーがサービスを提供しています。そのため、トレーナーが体調不良や急な用事で休む場合、ジムの営業やトレーニングの提供ができなくなるリスクがあります。大手のジムのように多数のトレーナーが在籍しているわけではないため、このような状況に対応するのが難しい場合があります。

これらのデメリットを考慮しつつ、自分のニーズや目的に合ったジムを選ぶことが重要です。

まとめ

大手のパーソナルジムも、個人経営のパーソナルジムもどちらにもメリットデメリットがあり、どちらの方がいいというのは難しいです。

ですが、実際に行こうと思っているパーソナルジムがどういったトレーニングを提供していて、どういった食事内容なのかといったことは最低限調べましょう。

自分にあったパーソナルジムを探し、素晴らしいボディメイクにしてください!

大阪
広告
広告
ジム探し応援

コメント